#! /usr/local/bin/php-cgi 自動車保険について

自動車保険 種類

自動車保険について

自動車保険,種類

 

自動車保険には自賠責保険と任意保険があり、自賠責保険に関しては車を購入した際には強制的に入らないといけない保険で加入しないと罰せられます。

 

この自賠責保険は請け負う保険会社に利益は出ないが損もしない仕組みとなっており、どこの保険会社でも保険料は一緒で普通自動車であるか軽自動車か、大型二輪車か中型二輪車か小型二輪車かで保険料は変わってきます。

 

一般的には自賠責保険だけではいざというときに、まかないきれない可能性が高いので任意保険にも加入するということが常識に近いものになっています
たとえば、自賠責保険の死亡事故に支払われる金額は1人当たり上限3000万円と決まっていたり、保険契約者と運転者以外の他人に対しての対人賠償のみが対象となるので対物であったり自損事故や自分自身への賠償は一切ないので、自賠責保険だけでは当然ながら補償が不足するということになります。

 

任意保険については、対人賠償保険、対物賠償保険 、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険者傷害保険、人身傷害補償保険 、車両保険の7つに分かれ、この組み合わせのパターンで色々な保険のパターンが生まれます。
また、保険料やサービスも保険会社によって変わってきます。

 

車の売却と同じように、ネットが普及している現在では自動車保険の比較一括見積もりを取れるサイトもあるので有効利用すると効果的かと思われます。
このように自動車を取得した場合は強制的に入る自賠責保険はもとより、任意保険にも必ず加入しておかないと、いざと言う時には、とても補償は足りません。
任意保険に加入することも今や車を持つものにとっては、義務であるとも言えるのです。


自動車保険について関連ページ

売却時の必要書類
車売却に必要な書類についてご説明しています。一体どんな書類が必要なのでしょうか。
法人名義の車の売却
法人名義の車を売却する場合、個人の車を売却する時との違いや、気をつけることはあるのでしょうか。
名義変更や税金について
車の売却時の名義変更について、また税金についてもご説明したいと思います。