#! /usr/local/bin/php-cgi 売却時の必要書類について

車売却 必要書類

車の売却に必要な書類はコレ!

車売却,必要書類

 

車を売却する際に必要になる書類は普通自動車と軽自動車の場合、若干違いがあります

 

まず、普通自動車ですが、車に備えているはずの自動車検査証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、役所に取得が必要な印鑑登録証明書、預託済みの場合はリサイクル券、実印が必要で住所変更があった場合は住民票や住民票の除票が別途必要になります。

 

軽自動車の場合は、自動車検査証、自賠責保険証明書、軽自動車納税証明書、印鑑、預託済みの場合はリサイクル券が必要になります。

 

なお、自動車検査証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書に関しては紛失や見当たらない場合は再発行が可能なので、実際に売却をするまでには必ず準備をしておくことが必要です。

 

また、車の売却時には普通自動車の場合は譲渡証明書、委任状を軽自動車の場合は自動車検査証記入申請書を売却先のディーラーや中古車買い取り専門店などで作成してくれます。

 

車の装備品や取扱説明書、整備手帳、スペアキーなども同時に売却時に渡せる用意をしておきます。

 

相続などで自分名義でない車を売却する場合には別途、相続に関する書類が必要ですし、車の売却時にローン残債が残っている場合などは所有権解除書類なども必要になってきますので、イレギュラーが発生しそうな要件に関しては事前に買い取り店などにしっかり告知、相談しておくことが大事です。

 

車の売却後には、不便の無いように次の車の納車を待っている間の車を代車として貸してくれる買い取り店などのサービスもあるので利用すると便利です。

 

 

>>車売却手続きの方法について


売却時の必要書類について関連ページ

法人名義の車の売却
法人名義の車を売却する場合、個人の車を売却する時との違いや、気をつけることはあるのでしょうか。
名義変更や税金について
車の売却時の名義変更について、また税金についてもご説明したいと思います。
自動車保険について
自動車保険の種類は、自賠責保険と任意保険の2種類に大別されます。