#! /usr/local/bin/php-cgi 現代のクルマ事情

現代のクルマ事情

車を売却したら次の車はどうする?

現代のクルマ事情

 

最近は若者の車離れなどが言われています。
車を持つということも価値観はどんどん変わってきています。
昔のようなステータスシンボルではなく、実生活に本当に役立つためのツールとして車を利用する人が増えてきました。
ここでは車を売却した後に、次の車をどうするか考えるときの参考になることをご紹介していきます。
新車を購入しなくても、カーリースやカーシェアリングなど、もっとお得に便利に車を利用する方法があるんですよ。


現代のクルマ事情エントリー一覧

車を持つ価値って

車を持つということの価値は年々変化しているようです。ステータスとして車を持つことが価値であった、まだ誰もが車を持てる時代でもなかったころから、若者でも学生でも車を持てる時代へと移行し、その車種もセダン、クーペ中心からワンボックス、ミニバンなどのファミリーカーへと多様化していきました。さらに、エコカー...

続きを読む

車の持つことの維持費

車は購入時と持ち続けるための様々な経費が発生します。購入時にかかる経費としては、排気量と購入時期によって金額が代わる自動車税と取得価格の5%(軽自動車は3%)がかかる自動車取得税、車両の重量によって金額が変わる重量税、必ず入らないといけない自賠責保険料が税金や保険としてかかってきます。低公害車につい...

続きを読む

車離れという状況

最近の若者は車を持ちたがらない、いわゆる車離れという状況にあると言われています。もうひとつ言えば、免許も取らない若者が増えているとも言われます。一昔前であれば、学生のうちに免許を取得するというのは当たり前のように思われていましたが、最近ではそのようなこともないようです。さて、その原因は何でしょうか。...

続きを読む

カーリースという新たな車の持ち方

カーリースは文字通り車を貸すということですが、レンタカーのように短期間不特定に多くの人に貸すのではなく、リース会社が購入した車を長期間貸し出すもので、車検上の所有者はリース会社となります。カーリースは車を購入するよりも結果的には費用がかかるものの、車両の管理の手間の削減や会計上の理由から、以前は主に...

続きを読む